リサイクルカートリッジ・詰め替えインクの比較、レビュー

純正インクを安く買う方法とキャノンのプリンターiP2700に使用できるリサイクルインクカートリッジと詰め替えインクのレビューです。

ジット キャノンBC-310JIT-C310BN 約1300円

普通に印刷はできるのですが、インクが滲んてしまいクリックポストのバーコードの線が繋がってしまい読み込めませんでした。プリンターの印刷設定を変更してもダメでした、最後まで使わなかったのでインクの量は分かりません、バーコードなどの精密な印刷以外の使用であれば大丈夫かと思います。

エコリカ キャノンBC-310BK ECI-C310B-V 約1500円

エコリカリサイクルインクカートリッジ

クリックポストのバーコードも正常に印刷できました、ただ、10枚ぐらい印刷するとインクがなくなりました、純正品と比べて明らかにインクの量が少なかったです。

ジット リサイクルインクカートリッジBC-311用 JIT-C311CN 約1300円

JIT/ジット キヤノン BC-311 カラー対応 リサイクルインク JIT-C311CN 【jitcanon】


普通に印刷が出来ました、カラーなのでバーコードなどの印刷はしていないので、どれぐらいきれいに印刷できているのかは不明です、見た目は違和感が無いよう見えます、インクの量は純正よりやや少ないですが許容範囲だと思います。

詰め替えインクは純正品と大きな違い無し

詰め替えインクは純正品と比べても遜色ない印刷が出来ます、詰め替え作業が面倒で無ければ詰め替えの方が純正よりもかなりコストを抑えることが出来ます。
ただし、カートリッジそのものに寿命がありますので、2回以上詰め替えると徐々に印刷が不鮮明になってきたり、インクを入れてもカートリッジから漏れてきたりするので、その際は新しいカートリッジを買う必要があります。
サンワサプライ 詰め替え(初回)用インク BC-310用は約785円で4回分詰め替えられますので、純正カートリッジ2700円×4=10800円-785円=10015円お得です。
サンワサプライ 詰め替え(初回)用インク BC-311用は約1178円で6回分詰め替えられますので、純正カートリッジ2868円×6=17208円-1178円=16030円お得です。

INK-C310B60S サンワサプライ キヤノン用詰め替えインク(顔料ブラック) BC-310対応 [INKC310B60S]【返品種別A】

純正カートリッジを安く買って、インクは詰め替える

上で述べた通り、リサイクルカートリッジはインクが少なかったり、色がにじんだりして純正品と同等の印刷は期待できません、当たりはずれもあります、カートリッジは純正品を使い、インクは詰め替えを使うのが賢い節約方法です。

Amazonマーケットプレイスで箱無しインクカートリッジを買う

純正のカートリッジBC-310は2700円ぐらいで高いですが、AMAZONマーケットプレイスで未使用品の純正カートリッジが2000円~2400円ぐらいで安く出品されていることがあるので、定期的にチェックしておいた方が良いでしょう、この未使用カートリッジは何らかの理由で販売できなくなったプリンター本体からインクだけを取って販売しているようです、外箱が無いだけなので使用には問題ありません。
ただし、再生品のカテゴリーで販売されているものはリサイクルカートリッジなので間違って買わないように注意しましょう。

ヨドバシ.comでインクのまとめ買いをする

ヨドバシカメラ(通販)ではBC-310をまとめて買うと通常10%ポイント還元のところが最大で12%になります、例えば6個まとめて買うとポイント12%になりますのでお得です。


スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。