野菜が高い時の対策 安く野菜を食べるには

スポンサーリンク

再生野菜

家庭菜園をする場所や時間が無い場合でも再生野菜なら簡単に野菜が栽培できます。
野菜の根を水に浸すだけで少し伸びてきますので、簡単にできます、再生野菜に向いている野菜は豆苗、根っこが付いているネギ、大根やニンジンのヘタなどです。
デメリットは所詮、再生野菜なので多くの収穫は見込めません。

家庭菜園・水耕栽培

家庭菜園が出来るスペースがあるのであれば、自分で作ってしまうのが一番いいです、おすすめは食べた野菜の種から育てる方法です。
かぼちゃの種、ピーマンの種など何でも育てられます、種類でおすすめなのはリーフレタス、水菜などの葉物野菜です、これらは比較的栽培期間が短いので失敗しにくいですし、水耕栽培で屋内で育てることもできるので、天候に左右されません。

野菜の缶詰

生の野菜が高いときは缶詰で代用しましょう、缶詰であれば保存がききますし、価格もそんなに高くありません。
ただし、厳密に言うと缶詰で野菜と呼べるようなものはトマトかピクルス(キュウリ等)ぐらいしかありません、他は穀物のコーン、豆類、オリーブの実ぐらいです。

皮や茎も食べて節約

かぼちゃ、大根、にんじんなどの野菜は皮も食べられます、カブの茎も炒め物や漬物に使えます、もったいないので、皮や茎も捨てずに食べましょう。

もやしを食べる

もやしは屋外で育てるものでは無いので、悪天候の影響を受けません、なので他の白菜やキャベツなどの野菜が高い時でも安く買えます。
栄養も意外とありますし、あれば何かと重宝する野菜です。

野菜ジュースを飲む

野菜ジュースも野菜の価格高騰の影響を受けにくいです、開封しなければ日持ちしますので、野菜が高くなった時のために常備しておくとよいでしょう。特にドン・キホーテだと安く野菜ジュースが買えます。
デメリットは野菜ジュースは液体なので、料理に使う生のままの野菜の代用にはならないという事です。

冷凍野菜を使う

業務スーパーなどで売っている冷凍野菜は安いので、野菜が高い時は使ってみるのもいいかもしれません、ただ、業務スーパーで売っているものは殆どが中国産で、他のスーパーで売っているものでも国産のものは種類が少なかったりそれほど安くないです、当然、冷凍なので味は落ちます。

大手のスーパーマーケット以外で野菜を買う

大手のスーパーマーケットの場合はどこのお店でもあまり値段が変わりませんが、個人商店の八百屋さんなどでは野菜が安く買えることもありますのでチェックしてみてください。

きのこで代用する

きのこは野菜ではありませんが、野菜と同様に食物繊維やビタミン、ミネラルなどが含まれていますので、栄養を補給するという観点から言えば、十分、野菜の代わりになります。
野菜が高くて買えないときは、きのこの値段をチェックしてみましょう。

海藻で代用する

ひじき、わかめ等の海藻も野菜ではありませんが、栄養面ではきのこと同じように野菜の代わりになります。
野菜が高すぎる時は野菜を買うのをあきらめて、海藻を使った料理も検討してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。