楽天証券の積立NISAでおすすめの投資信託

積立NISAで分散投資

積立NISAで実際に購入した投資信託は以下の通りです。

  • ひふみプラス
  • ニッセイ日経225インデックスファンド
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

ひふみプラスと日経225インデックスファンドが国内株式、ニッセイ外国株式インデックスファンドは日本以外の先進国株式、eMAXIS Slim 新興国株式インデックスはアジアなどの新興国の株式へそれぞれ投資できます、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は株式や債券、リートなどに同じ割合で投資するバランス型の投資信託です。
国内株式に投資する商品を2種類買っているのは、今まで特定口座で積み立てていた時に国内株式が一番利益を出していたので、割合を多めにしてみました。
これらの投資信託の中では、ひふみプラスが純資産でも基準価額でも他を圧倒しているので、ひふみプラスが一番人気があって利益が出そうですが、リスクヘッジのために満遍なく分散投資にしてみました。
主に債券に投資する商品も検討しましたが、積立NISAの対象になっている投資信託で、債権だけに投資するものは見つけられませんでしたのでバランス型のeMAXIS Slim バランスを選択しました、バランス型の投資信託は信託報酬が割高な事が多いですが、0.2268%と安かったです。
もし、リスクを低くしたいのならバランス型の投資信託の割合を多くしてみてもよいでしょう。

eMAXIS 新興国株式インデックスとeMAXIS Slim 新興国株式インデックスの比較

どちらも似たような商品ですが、eMAXIS Slimの信託報酬が0.2052%でeMAXISの0.648%よりも安いです、基準価額や純資産額ではeMAXISの方がかなり上回っていますが、設定日が2009年とeMAXIS Slimの2017年より古いので当然と言えます。
eMAXIS Slimの楽天証券の積立設定件数ランキングが5位、eMAXISが25位でしたので、eMAXIS Slimの方が伸びしろがあるのではないかと考え、eMAXIS Slimを選択しました。

eMAXIS Slim バランスとiFree8資産バランスの比較

どちらもバランス型の投資信託です、2018/2/8時点でのiFree8資産バランスの基準価額が11,543 円、純資産額が62.98 億円、信託報酬0.2376%、積立設定件数ランキング18位、eMAXIS Slim バランスの基準価額10,503円、純資産額85.53億円、信託報酬0.2268%、積立設定件数ランキングが8位でした。
基準価額がiFree8の方が少し上回っていますが、設定日が少し早いことも影響していると考えられます、eMAXIS Slim バランスの方が設定日が遅いのに、基準価額以外では優れていたので、eMAXIS Slim バランスを選びました。

毎日100円積立でリスクを減らす

  • ひふみプラス
  • ニッセイ日経225インデックスファンド
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

上で紹介した投資信託は全て毎日100円ずつ積み立てています、一度に買う金額を安くすることで高値の時にたくさん買ってしまうリスクを低くすることができます、ドル・コスト平均法と呼ばれている購入方法です。
短期間で儲けたい場合や、値動きの激しい商品には向きませんが、積立NISAでは最長20年間投資できますので、ドル・コスト平均法は効果的な投資法です。

税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門 [ 竹川 美奈子 ]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。