水道代の節約方法

食器を洗う時の節水

食器をたくさん使わない

なるべく食器を使う量を減らせば、洗うお皿も減るので節水が出来ます、例えば小型のスキレットをそのまま食器として使うとか、丼物にするとか工夫すれば使う食器の量はかなり減らせます。

食器を水につける

桶に水をためて食器を洗うにようにすると汚れが落ちやすくなります、桶が無い場合は食器に水をかけておくだけでも汚れがかなり落ちやすくなります。

食べ物を残さない

食べ残しがあると汚れも多いのでその分、水や洗剤を多く使ってしまいます。

貯水タンクで雨水を溜めて使う

庭がある場合、限定の方法ですが、雨水を溜めておける貯水タンクを設置すれば、園芸や洗濯、掃除などに利用できますし、災害時に断水したときにも役立ちます、安いものであれば5000円位で買えます。

節水シャワーヘッドを使う

節水シャワーヘッドとは水の使用量を減らしたり、手元でシャワーをストップする機能が付いたシャワーヘッドです、これに交換すると簡単に節水が出来ます。

お風呂の節水

半身浴をする

お風呂をバスタブいっぱいに溜めずに、お湯の量を半分にして半身浴にすれば節水が出来ます。

お風呂で歯磨きをする


お風呂のシャワーが暖かくなるまでに出てくる水はもったいないので、捨てずに歯磨きの時に口をゆすぐために使いましょう。

お風呂の水を再利用

お風呂の残り湯を洗濯や園芸に利用すれば無駄になりません、お風呂の水を汲む専用のポンプもありますが、少量の水を汲むだけならダイソーで売ってる灯油ポンプでも構いません。

トイレの節水

トイレのタンクの上から出る水で手を洗う

あまり利用しない人が多いようですが、タンクの上部の水が出る手洗い管を利用して手を洗えば、多少の水道代の節約になります。
水だけで手を洗うのが不衛生だと思う場合は、手を水で洗ってから、泡の出ない手を消毒する用のアルコールスプレーを使えば衛生的ですし、トイレがハンドソープの泡で汚れることもありません。

大と小を使い分ける

いつでも大の方で水を流すと水が無駄なので、適宜、小の方で流すようにしましょう。

トイレはなるべく外で済ます

節水になるだけでなく、トイレットペーパー代も浮きます。

スーパーマーケットでもらえる水を使う

スーパーで無料でもらえる水を利用すると水道代が少し安くなります、大体お店によって一日にもらえる量が何リットルと決まっています、利用するには専用のタンクを購入する必要がある場合が多いです、水は重たいので持ってくるのが結構大変です。

公園の水道で水を飲む

のどが渇いたときに公園の水を飲めば、水道代も飲み物代も浮いて節約が出来ます、それ以外の用途で大量に公園の水を使うと怒られるのでやめておきましょう。

水道代が安い場所に住む

東京都内でも地域によってかなり水道代に差があります、水道代のためだけに引っ越すのは難しいでしょうが、引っ越す予定がある場合は水道代が安いかどうかも考慮に入れてもよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。