クレジット・デビット・プリペイドカード セキュリティの比較

クレジット・デビット・プリペイドカードの主な違い

クレジットカード デビットカード プリペイドカード
銀行口座 必要 必要 不要
審査 必要 不要 不要
支払い方法 後払い 即時払い 即時払い(ポストペイ方式以外)
利用限度額 支払い能力に応じてカード会社が決める 預金残高の範囲内(初期設定で限度額が決まっている場合あり) チャージした分だけ(~100万円ぐらい)
カードが作れる年齢 18歳以上 15歳以上 概ね12歳以上(JCBなどのマークがついているもの)

セキュリティは盗難保険上限なし、後払いのクレジットカードが有利

各カードのセキュリティ比較

クレジットカード デビットカード プリペイドカード
盗難保険 あり(上限なし) ある場合もある(上限あり大体100万円まで一部500万円まで) ある場合もある(上限あり30万~100万円ぐらい)
ショッピング保険 ある場合もある ある場合もある ある場合もある
チャージバック あり なし(即時払いのため) なし(即時払いのため)
暗証番号 あり あり あり
セキュリティコード あり あり あり(JCBなどのマーク付きの場合)
3Dセキュア(パスワード設定) あり あり ある場合もある
不正使用検知 あり あり あり
任意の利用限度額設定 なし(ショッピング枠を引き下げる事は可能) 一日単位で設定可能な場合あり 一日単位で設定可能な場合あり

セキュリティの面ではクレジットカードが最も優れています、クレジットカードを盗まれて使用された場合などに適用される盗難保険の上限が無い事と即時決済ではない事が大きなメリットです。
不正利用に気が付いた時点で、クレジットカード会社に連絡すれば、カードの利用をストップすることも出来ますし、クレジットカード会社が不正使用検知で不審な利用があれば、カードの持ち主に電話で確認したり、使用をストップしてくれます。
仮に不正利用で商品が発送された後でも、クレジットカード会社がカードの使用を取り消して、お店にチャージバックを申請します、クレジットカードの場合は実際にお金が引き落とされるのは翌月以降になりますので、不正利用されてもお金が引き落とされる前に対応してくれるので安心です。
一方、プリペイドカードとデビットカードは後払い方式を除いて、殆どの場合、即時払いですので、不正利用に気が付いたときには既にお金が使われてしまっています、仮に不正利用が認められても、お金が戻ってくるまでに数か月かかります、また、保証される金額に上限がある場合が多いです。
特にデビットカードの場合、口座に多額の預金をしていると被害額も高額になる場合が多いので注意が必要です。

信頼性の低いクレジットカードよりもデビットカードの方が安全な場合も

ゴールドカードなど信頼性の高いクレジットカードの場合は不正利用の際にも素早い対応をしてくれることが多いようですが、一部の信頼性の低いクレジットカードは不正利用の際の対応が遅かったり、必ず不正利用が認められるとは限らず、対応の仕方はクレジットカード会社によって結構違います。
いざという時の対応が悪いとクレジットカードの利点である、保険の上限なし、後払いというメリットが活かせません。
もし、サービスの充実した評価の高いクレジットカードを持つことが出来ない場合はデビットカードの方が安全かもしれません。
デビットカードは審査がありませんので誰でも持てますし、セキュリティの面でも楽天銀行デビットカードのように一日の利用限度額を自分で1000円単位で設定することも出来ます。
限度額を低く設定しておけば、万が一、不正利用されても被害が小さくて済みます。
逆にクレジットカードの場合は、限度額はカード会社が決めています、カード会社に頼めば引き下げることもできるようですが、デビットカードのように一日単位で任意の限度額を設定することはできません。
デビットカードでセキュリティを重視するのであれば、少し面倒ですが、普段は限度額を低く設定しておいて、高い買い物をするときだけ限度額を引き上げれば問題ありません。

まとめ

セキュリティを重視するのであれば、基本的にはクレジットカードを選べばよいですが、クレジットカードの審査に通らない場合やクレジットカードに抵抗がある、クレジットカードの信頼性に問題がある場合は、デビットカードやプリペイドカードを代用することも検討してみましょう。
日常的な少額のお買い物であれば、利用限度額を低めに設定しておけば、デビットカードやプリペイドカードでも問題は無いでしょう。
ただし、一部の公共料金の支払いに対応していなかったり、プリペイドカードの場合はチャージが必要だったり、一部のプリペイドカードは盗難保険無しのものもあるので、事前によく確認してから使うようにした方が良いです。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。