ゴミ袋代を節約する方法

余計なものは買わない

余計なものを買えば当然ゴミも増えます、本当に必要なものだけ買うようにすればゴミも減らせます。

トレーが無いものを選ぶ

例えばお肉を買う時でもプラスチックのトレーに入っているものは、かさばるので、ゴミが増えてしまいます。
トレー無しで袋に入っている物なら、小さくなるのでゴミが小さくて済みます。

容量の多いものをまとめて買う

調味料などで容量の少ないものを複数買うと、捨てる容器が多くなってゴミが増えてしまいますので、食べ物の場合は食べきれる範囲内で、なるべくまとめ買いをした方が良いです。

詰め替え用を使う

洗剤、シャンプーなどはなるべく詰め替え用を買って、ゴミを小さくしましょう。

ペットボトルの飲み物は買わない

ペットボトルはかさばるので、なるべく避けましょう、ジュースを買う場合でも紙の容器であれば、小さく畳みやすいですし、場所によっては袋に入れずに、まとめて紐などで縛って出すことも出来ますので、そもそも袋が要りません、自治体によってルールが違いますので確認してみてください。

生ごみコンポストでゴミを減らす

ダンボールコンポストセット


コンポストとは、土に野菜くずなどを入れて、虫よけ、臭い対策のシート、蓋などをして、発酵させることで作る堆肥のことです。
ゴミも減りますし、当然、肥料としても使えます。

捨てずに売る

捨てればゴミになるものでも、売れば資源です、当然ゴミ袋代もかかりませんし、いくらかお金が戻ってきます。
買い手がつかないようなジャンク品でも、無料で引き取ってくれるリサイクル屋さんもあります。

スーパーの半透明の袋をゴミ袋として使う(指定ゴミ袋以外限定)

自治体によってゴミ袋として使えるものが違います、指定の有料ゴミ袋しか使えない場所だと余計な出費になりますが、自分が住んでいる場所では、透明か半透明であればなんでも使えますので、スーパーの半透明のゴミ袋を使用しています。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。