楽天バーチャルプリペイドカードと楽天プリペイドカードの違い 比較

スポンサーリンク

バーチャルプリペイドカードとプリペイドカードの主な違い

楽天バーチャルプリペイドカード 楽天プリペイドカード
発行形態 現物のカード無し プラスチックのカード
チャージ上限金額 1枚につき3万円、複数合計10万円 30万円
チャージ・購入方法 楽天クレジットカードでの購入のみ 楽天銀行からのみ
有効期限 購入から1年 13か月使用・チャージなしで残高失効
ブランド Mastercard JCB
使用できる場所 ネット決済のみ ネット、実店舗両方
名義 自由に決められる 持ち主本人の名義
保有可能枚数 複数持てる、合計金額10万円まで 原則1枚
還元率 クレカ購入時に1%還元 5万円チャージ時に500円キャッシュバック(1%還元)
年会費 なし なし
審査 なし なし

楽天バーチャルプリペイドカードは使い切り

楽天プリペイドカードがSuicaのように繰り返しチャージして使えるのに対して、楽天バーチャルプリペイドカードは使い切りです、500円から30000円の額面で購入できます。

楽天バーチャルプリペイドカードでau WALLET プリペイドカードにチャージはできない

前までは楽天バーチャルプリカからau WALLET プリペイドカードにチャージが出来たようですが、現在は楽天バーチャルプリカの「よくあるお問い合わせ」にも書いてある通り、残念ながらau WALLET プリペイドカードへのチャージはできません。

また、楽天Edy、Suicaなどの他の電子マネーへのチャージも出来ません。

どう使い分ければいいか

楽天バーチャルプリカの方は、クレジットの1%還元が付きます、プリペイドカードの方も最大で1%還元ですので還元率は同じです。

使い分け方としては、どちらもすぐに使う用途で、小額の決済に向いています、また、バーチャルプリカは名義人を自由に決められるので、家族でクレジットカードやプリペイドカードが持てない人がネットで決済するときに便利です。

例えば小学生のお子様がいる場合は、当然クレジットカードは持てませんし、楽天プリペイドカードも16歳からなので持てませんが、楽天バーチャルプリカであれば使えます。

Amazonギフト券と同じようなものだと思えば分かりやすいかもしれません。

楽天プリペイドカードの方は、ネットだけでなく実店舗でも使いたい場合に有効です、バーチャルプリカの方はネットでしか使えません。

クレジットカードを使う際に紛失や不正利用が心配な人やクレジットの明細が煩雑になるのが嫌な時にプリペイドカードを使うと良いです。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。