しいたけ栽培キット もりのしいたけ農園おかわり君の育て方

スポンサーリンク

しいたけ栽培キットを買いました

ヤフーショッピングで森のきのこ倶楽部 シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園おかわり君】を買いました。

ヤフオクやヤフーショッピングで貯めたポイント約600ポイントがありましたので、実際にかかった金額は300円ぐらいです。

キノコのマークの段ボールで届きました、クロネコ宅急便での発送でした。

既に木から小さなキノコが生えているようにも見えます。

栽培方法をネットで検索

説明書無しのため安くなっていた商品ですので、自分でネットで栽培方法を調べてみました。

しいたけ栽培の主な注意点は以下の通りです。

  • 栽培の前に水でぬらすか、一晩水につける
  • プラスチックのケースなどに入れて乾燥を防ぐ
  • 直射日光の当たらない薄暗い場所に置く
  • 霧吹きなどで定期的に水を掛ける
  • 涼しい場所に置く

悩んだのが、水に塗らすだけでいいのか、それとも一晩水に浸水させるべきなのかです。

サイトによって説明が違くて、最初は水に塗らすだけでよくて、2回目以降の栽培の際に菌に刺激を与えるために水につけると説明してあるものと最初から水につけると説明してあるものがありました。

良く分からないので、間を取って30分ほど水につけてみました、なるべくキノコの菌が落ちないようにそっと水につけました。

栽培ケースは段ボールとゴミ袋で代用

キノコ栽培用のプラスチックのケースを持っていないので、きのこの木を入れたトレーを段ボールに入れて、その上からゴミ袋をかぶせました。

適度に隙間が空いているので、空気は入っていくと思います。

このままだとキノコにとっては明るすぎるので、光が入り過ぎないように上に紙袋を乗せておきました。

置き場所はベランダの近く

ベランダに置こうかとも思いましたが、乾燥しそうなので、室内に置くことにしました。

直射日光はダメ、でも真っ暗でもダメとのことなので、ベランダの近くで、日陰になっている所に置くことにしました。

なぜベランダの近くに置くかと言うとベランダを開けたときに室内の気温が変化するので、菌を刺激して発芽しやすくなるのではと考えたからです。

キノコ栽培キットを置いている部屋は、ベランダを開けなければ大体23~4℃ぐらいあります。

栽培2日目で早くもシイタケが発芽

シイタケ栽培キットで栽培を始めた翌日からもう小さなシイタケが発芽してきました。

栽培3日目

栽培3日目でかなりシイタケが伸びてきました。

今日は昨日よりも気温が10℃ぐらい下がりましたが、部屋の温度はあまり変わらなかったです、キノコ栽培には特に影響が無かったようです。

栽培4日目

順調に成長していますが、しいたけに白いツブツブが付いています、カビで無ければよいのですが、しばらく様子を見てみます。

栽培5日目

シイタケがかなり大きくなってきて窮屈そうになってきました、置く場所を買えた方が良いかもしれません。

栽培6日目 収穫

シイタケが大きくなって、重なり合ってきたので、一部の大きなものから収穫しました。

お店で売ってるしいたけと比べて色が白いです、もっと光に当てた方が良かったのかも。

シイタケが大きくなってきたので、白いトレーは使うのをやめて、段ボールの中に直接入れてます。

10日目 カビが生えた

シイタケ全体が白っぽくなって、カビが生えてしまいました。

霧吹きで水をかけていたのですが、水をかけ過ぎたみたいです。

仕方が無いので、もったいないですが、シイタケは全部捨てました。

もう一度、洗ってシイタケが出てくるか試してみます。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。