ティッシュ代の節約方法

スポンサーリンク

安いお店で買う

スーパーマーケットでティッシュを買うと高いので、薬局、薬店、ホームセンター、ドン・キホーテなど安いお店で買った方が良いです。

1枚当たりの値段が安いティッシュを買う

値段が安くても実際には入ってる枚数が少ないだけという場合がありますので、1枚当たりの値段が安いティッシュを買うようにした方がお得です。

通常は枚数の多い方が安くなっているはずです。

トイレットペーパーで代用する

ティッシュよりトイレットペーパーの方が安いので、そちらで代用する方法もあります。

ですが、トイレットペーパーは水に溶けやすい性質があるので、水をこぼしたとき等はあまり役に立ちません。

また、部屋にトイレットペーパーを置いておくのが恥ずかしいというデメリットもあります。

そういう場合は中身が見えないロールペーパーホルダーを使うと気にならなくなります。

ハンカチやタオル、ぞうきんで代用する

ティッシュは使い捨てですが、ハンカチやタオルは洗えば何度でも使えますので経済的です。

顔や手をふくときはハンカチを使うようにして、水をこぼしたときなどはタオルや雑巾を使うと良いです。

新聞紙を使う

新聞紙は固いので、顔や手をふくのには向いていませんが、新聞紙は水を良く吸うので、飲み物などをこぼしたときに使うと効果的です。

要らなくなった服で代用する

破れて着れなくなった服などで代用する方法です、主に床を拭いたり等、掃除のときに役立ちますので、ティッシュの代わりと言うよりも雑巾の代わりと言った方が適切かもしれません。

ポケットティッシュを貰う

よく道でポケットティッシュを配ってる人がいるので、それを小まめに貰ってためておくようにするとティッシュ代の節約になります。

ティッシュを半分に切って使う

少量のティッシュで済む場合は、ティッシュを箱ごと半分に切って使えば節約になります。

そのままのサイズで使うティッシュと半分のサイズで使うティッシュ2つを用意しておくのもよいでしょう。

尚、箱のティッシュよりも小さいポケットティッシュを買うと1枚当たりの値段が高くなるのでお勧めしません。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。