WordPressで接続が切断されましたと出て止まる時の対処法

スポンサーリンク

WordPressが止まる

最近になって度々

「接続が切断されました 再接続するまで保存を中断します。念のため、お使いのブラウザー上でこの投稿をバックアップしています。」

という表示が出て、WordPressが止まってしまいます。

内容を保存する時や画像をアップロードする時など何らかのアクションを起こすと頻繁に接続が切断されて止まります。

最近モデムの調子が悪いので、それが原因かとも思いましたが、他のサイトは繋がります。

試しにブラウザのキャッシュを消したりもしましたが効果はありませんでした。

あとネットの情報で管理画面右上の「最大行表示エディターと集中執筆モード機能を有効化します」のチェックを外すと直るというのがあったので、やってみましたが直りませんでした。

iThemes Securityを削除したら直った

上の方法で直らなかったので、プラグインが怪しいと思い、iThemes Securityを削除したら直りました。

iThemes Securityはセキュリティのプラグインなのですが、これをインストールすると結構WordPressが重たくなるみたいです。

もし、iThemes Securityに限らず他のセキュリティのプラグインをインストールしている場合は、先ずそれを疑った方が良いかもしれません。

それでも直らない場合は、他のプラグインを削除するか、停止してどれが原因なのかを確認する必要があります。

借りてるサーバーが原因かも

不具合が起きていた時はエックスドメインの無料サーバーを使っていましたが、現在コアサーバーに引っ越してからは、不具合は起きていませんので、サーバーが原因の可能性もあります、どうしても直らない場合はサーバーを引っ越すことも検討した方がいいかもしれません。

iThemes Securityの代わりのセキュリティ

iThemes Securityを削除してしまったので、このままだとセキュリティ上かなり問題がありますので、代わりにLogin rebuilderとSimple Login Lockdownをインストールしました。
Login rebuilderはWordpressのログインアドレスを変更するためのプラグインです、そのままだとwp-admin等となっているため容易に推測されてしまいます。

iThemes Securityにも同様の機能があって使っていましたが、削除後はデフォルトのwp-adminに戻っていましたので、Login rebuilderでログインアドレスを変更しました。

アドレスを変更する際は、なるべく複雑なものにした方が良いです。

有効にするにはステータスを稼働中にします。

新しいログインアドレスをメモするか、ブックマークに入れておいてください。

Simple Login Lockdownは同一IPアドレスからのログインに指定の回数、失敗した場合にアクセスできなくさせるプラグインです。

ログインに失敗できる回数と再度ログインが出来ないようにする時間を自分で設定できます。

ログイン試行回数は5回以下には出来ないようです、ログインできなくなる時間の最大は24時間です。

本当はiThemes Securityの方がもっと細かい設定が出来て、セキュリティ上は安心なのですが、重くなるので、とりあえずこの2つのプラグインで様子を見てみます、今のところ不具合は起きていません。

Login rebuilderでパスワードは正しいのにログイン出来ない

追記です、プラグインの変更でwordpressが軽くなったのは良かったのですが、Login rebuilderでパスワードは変更していないのに、ログインが出来なくなりました。

仕方がないので、FTPからLogin rebuilderを削除したらログイン出来ました。

代わりに似たような機能があるWPS Hide Loginという別のプラグインを入れました。

ついでにLogin LockdownからLimit login Attemptsに変更しました、今度は問題なくログインも出来ました。

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル
宮内 隆行 西川 伸一 岡本 渉 三好 隆之
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 232,158
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。