かながわ県民共済と全国共済の違い 比較 どっちが得か

スポンサーリンク

神奈川県に2つの共済がある理由

神奈川県には神奈川県民共済生活協同組合による、「かながわ県民共済」が既に存在していたため、全国生活協同組合連合会による神奈川県の共済は、「全国共済」という名前で呼ばれています。

掛金が安いのは全国共済 月掛金1000円から

神奈川県民共済の主制度である「県民共済活き生き1500」の最低月掛金額が1500円であるのに対して、全国共済の生命共済「総合保障1型」(保証期間18~65歳)は月の掛金が1000円からと安いです。

保障内容を比べると、やはり掛金の安い全国共済の方が、保険金額が低く設定されています。

全国共済の場合は、事故による入院で1日当たり2500円、病気の場合は2250円が支払われます。

かながわ県民共済の場合は、保障期間18~60歳の第1保障年齢層の場合で、事故・病気どちらの入院の場合も3500円が支払われます。

とにかく掛金額を安く抑えて最低限の保障をつけたい方には、全国共済の方をおすすめします。

月掛金額2000円で比較するとどっちが得か

かながわ県民共済の「県民共済活き生き2000」と全国共済の「総合保障2型」を比較した場合の主な違いは以下の通りです。

かながわ県民共済 「県民共済活き生き2000」(第1保障年齢層)

  • 病気入院 日額5000円
  • 交通事故 通院日額800円
  • 交通事故 後遺障害200万円~7.5万円
  • 死亡・高度障害 交通事故 600万円
  • 先進医療給付金 300万円限度

全国共済 「総合保障2型」(18~60歳)

  • 病気入院 日額4500円
  • 交通事故 通院日額1500円
  • 交通事故 後遺障害660万円~26.4万円
  • 死亡・高度障害 交通事故1000万円

2つを比べると、かながわ県民共済の方は、先進医療給付金がある事が特徴です、全国共済の方で先進医療が必要な場合は、医療特約+1000円に入る必要があります。

死亡・高度障害の際の保障は、全国共済の方が充実しています。

配偶者や子供にお金をたくさん残したい場合は、全国共済の方が有利です。

財務状況、安全なのはどっち?

自分が調べた限りで言うと、全国共済、かながわ県民共済どちらも財務状況については問題ありません、どちらも順調に加入者数を増やしています。

元々、共済は営利を目的としていないですし、安い掛金に最低限の保障となっていますので、資金の投機的な運用を行って、お金を増やす必要性が無いので、資金を減らしようが無いのです。

従って、どちらの共済も資金を現金・預金、若しくは比較的、安全性の高い国債や地方債として保有しています。

特に全国共済は平成28年時点で資産合計約8025億円の内、7010億円を現金・預金で保有していますので、極めて堅実な運用を行っていると言えます。

また、かながわ県民共済が神奈川県に居住の人や勤務している人のみを対象としているのに対して、全国共済は、都民共済、府民共済など日本全国を網羅しているので、事業規模が大きいという点では安心感があります。

平成28年の全国共済の資産合計は約8025億円であるのに対して、かながわ県民共済の資産合計は平成29年3月末時点で約492億円です。

ただし、資産と負債の関係を見ると全国共済は加入者に支払うための共済契約準備金などの負債の合計が5140億円に対して、資産合計が8025億円で、かながわ県民共済の場合は、負債合計が約73億円に対して、資産合計が約492億円ですから、負債の約6.7倍もの資産を保有していることになり、かながわ県民共済の方が、資産に占める負債の割合がずっと少ないという事になります。

事業規模の大きい方が安心できると思うなら全国共済を、財務状況がより健全な方が安心だと思うなら神奈川県民共済を選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。