業務スーパーのチーズいも餅がおいしい

スポンサーリンク

業務スーパーのチーズいも餅の特徴・生産国

チーズいも餅は業務スーパーで売っている冷凍食品で、500gで大体200円前後で売られていることが多いです。

チーズいも餅の生産国は日本です、パッケージにも記載されていますが、製造所は北海道となっています、原材料がどこのものかは書いてありませんが、北海道便と書いてあるぐらいなので、たぶん北海道の原材料を使っているはずだと思います。

業務スーパーは外国産の食品が多いので、日本産のものにこだわりがある人には良いのではないでしょうか。

チーズいも餅の調理方法

フライパンに油を引き、凍ったままのチーズいも餅を入れて、弱火で片面4分ずつ焼きます、加熱されていない商品なので、じっくり中まで火を通した方が良いです。

油で揚げると破裂してやけどする恐れがあると書いてあるのですが、焦げ付きやすくて、チーズいも餅の表面がボロボロになりやすいので、少し多めに油を引いた方が良いかもしれません、ひっくり返すときはフライ返しなどでやさしくやらないと、ボロボロになります、フライパンで焼くのが難しい場合は、焦げ付かないクッキングシートに乗せて、オーブンやトースターで焼いても良いです。

チーズいも餅の味・感想

好みもあると思いますが、かなり美味しいと思います、味付けはどちらかというと薄味で、チーズの香りが強く、食感は外がカリカリで中はもちもちしています。

もともとは北海道や和歌山県などの郷土料理で、その地方によって味付けや作り方が違うようですが、業務スーパーのチーズいも餅がはじめて食べた、いも餅なので、他と比べようがありません。

郷土料理のいも餅を知っている人には違和感があるのかもしれませんが、十分美味しいです。

チーズいも餅は何をつけて食べるのか

パッケージには、お好みで味付け海苔やさとう醤油、ケチャップ等と一緒に食べると書いてありますが、薄味が好みの人であれば、そのままでも十分食べられます。

ケチャップ等以外では、粉チーズがお勧めです、粉チーズは程よく塩分が含まれているので、濃い味付けが好みの人は試してみてください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。