業務スーパーのチョリソーウインナーの味・感想

スポンサーリンク

業務スーパーのチョリソーの特徴

業務スーパーのチョリソーです、500gで318円でした。

原材料は畜肉(鶏肉・豚肉)豚脂肪、結着材料(でんぷん、大豆たんぱく)などです。

チョリソーのサイズは大体、長さが8cm前後で、全部で22本入っていました。

チョリソーの味・辛さ

チョリソーのみを食べると結構辛いですが、野菜などの他の材料と一緒に料理するとそんなに辛くはなかったです、チョリソーとしては普通の辛さだと思います。

塩分は普通のソーセージと特に変わらないです、至って普通の塩加減です、値段の割には十分美味しいと思います。

チョリソーのナポリタンの作り方

業務スーパーのチョリソーでナポリタンを作ってみました、2人分です、ピーマン2個と玉ねぎ半分とチョリソーは4本入れました、野菜を調理する間にスパゲッティを茹でておきます。

玉ねぎとピーマンは5mm幅ぐらいに千切りします、チョリソーも5mmぐらいに輪切りにします。

火が通りにくいので、先にピーマンと玉ねぎをサラダ油大さじ1で炒めます、大体、火が通ったらチョリソーを入れて炒めます、炒めたら、茹でたスパゲッティを入れます。

お好みの量のトマトケチャップを入れます、手早く混ぜないと焦げ付いたり、パサパサになります、ちょっとパサパサしてきたので、スパゲッティのゆで汁を少量入れました。

最後に塩コショウで味を調えて、粉チーズとパセリを振りかけて完成です。

見た目は悪くないと思います、味はまあまあ美味しかったですが、普通のナポリタンとあまり変わらなかったです、チョリソーを入れてもスパゲッティと混ぜるとあまり辛くないので、これなら普通のソーセージでもいいかなと思いました。

業務スーパーのチョリソーのコスパ

業務スーパーでは、他にも色んな種類のウインナーソーセージが売っていて、もっと安いのもあるので、チョリソーが特にコスパが高いわけではないです、おそらく、冷凍の鶏肉で出来たウインナーが一番コスパが高いと思いますが、あまりおいしくなかったので、辛い食べ物が好きにな方にはチョリソーの方をお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。