キーボードにファブリーズをかけて掃除をした結果

スポンサーリンク

キーボードにファブリーズをかけてはダメ

長年使っていたロジクールのキーボードMK260があまりにも汚れていたので、キーを取り外して、掃除をしました。

ついでにファブリーズをかけたらキレイになるのではないかと思って、キーを外した状態で、ファブリーズをかけました、途中で一度キーをつけてちゃんと動くか確認したら動いたので、調子に乗ってたくさんファブリーズをかけてブラシでゴシゴシ掃除をしました。

全てのキーを取り付けてキーボードを使っていたら、特定のキーだけ反応しません。

WとJだけどんなに押しても全く反応しなくなってしまいました。

ダメもとでキーボードの裏面のネジを外し、分解して、内部を掃除してみましたが、結局直りませんでした。

キーボードはそんなに複雑な仕組みではないから、ファブリーズをかけても乾かせば直るかと高をくくっていましたが、何をどうやっても直りませんでした。

キーボードに直接ファブリーズをかけてはいけません、使う場合は布などに少量吹き付けてから、キーの表面を拭く程度にとどめておきましょう、そうしないとキーボードが壊れます。

ロジクール K275 ワイヤレスキーボードを買った

キーボードが壊れたので、新しいキーボードを買いました。

今まで使っていたのと同じロジクールのキーボードK275です。

見た目はほぼMK260と変わりませんが、キーの色が少し変わっています、あとキーボードの右上にON・OFFを切り替えるスイッチが付いています、MK260にはスイッチはありませんでした。

レシーバーは箱の側面の穴に入っています、最初レシーバーが見当たらないので、焦りました。

新しいキーボードはゴミが付かないように、買った時のビニール袋に入れたまま使う事にします、少しキーが押しにくいですが、問題ありません。

今まで使っていたキーボードは約7年使っていたので、このキーボードも同じぐらい長持ちしてほしいです。

ロジクール ワイヤレスキーボード[2.4GHz USB・Win/Chrome] ワイヤレスキーボード (108キー・ブラック) K275

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。