合法的にNHKの受信料を払わずにゲーム用・Hulu用等でテレビを使う方法

スポンサーリンク

テレビが映らなければNHKと契約する必要は無い

テレビがあってもNHKの放送が映らなければ、当然、NHKと契約したり、受信料を支払う必要はありません、例えばテレビが完全に壊れている場合などです、ただし、その場合でも既にNHKと契約している場合は解約手続きをしなければ、いつまでも受信料を請求され続けます。

この記事ではゲームをやったり、DVD,ブルーレイ、Huluなどを見るためにPCモニターよりも応答速度や画質が優れているテレビを使いたい、でもNHKは見たくないという人のために、合法的にNHKの受信料を払わずにテレビを使う方法をまとめます。

B-CASカードを返却する

地デジ対応の液晶テレビを持っていても、B-CASカードが無ければNHKも民放も全く映りません、BSチューナーが内蔵されているテレビで、アンテナがBSに対応している場合、赤いカードの場合はBSも映ります、青いカードでは地デジしか映りません。

これを利用してB-CASカードを管理する会社に返却すればテレビが見られなくなるので、NHKの受信料を払わなくて済む可能性があります。

この方法の問題点は実際にそれでNHKを解約できるのか、NHKに問い合わせて解約できる旨の回答を得たとするサイトはありましたが、あまり一般的な方法では無いため本当にできるのかは未知数です。

できればB-CASカードを返却した証明書のようなものが欲しいところですが、もらえるかどうかもわかりません。

また、仮にNHKと合意して解約できたとしても、集金人は定期的にやってきますので、「B-CASカードが無くても契約してくれ」としつこく言われる可能性もありますし、B-CASカードを隠し持っているのではと疑われる可能性もあります。

更に今後NHKがB-CASカード無しでテレビをゲームなどで利用している場合でも受信料を払うように要求してくる可能性もあります、この件について争った裁判がまだ無いようなので、今後どうなるかは分かりません。

要するに解約は出来ても、解約の理由としては少し弱いのがデメリットです。

インフォメーションディスプレイを使う

インフォメーションディスプレイとはお店やオフィスなどで広告やお知らせの映像を流すためのモニターの事です、デジタルサイネージとも呼ばれます。

このインフォメーションディスプレイには、はじめからテレビのチューナーが入っていませんので、当然テレビは映りません、PCモニターと同じような物ですから、NHKとの契約義務も無いはずです。

チューナーが入っていないだけなので、基本的な応答速度、発色などの性能はテレビと似ています。

この方法のデメリットは品揃えが少ないことです、お店などで使う事が前提ですので、サイズが30インチ以上の大きい物ばかりですので、小さいディスプレイが欲しい場合には向きません。

外国向けのテレビを使う

外国のメーカーのテレビと言う意味では無く、外国の家庭向けに作られた海外仕様のテレビの事です。

アメリカ市場向けに作られたテレビは当然そのままでは日本のテレビは映りませんので、NHKとの契約義務も無いはずです。

この方法のデメリットは手に入れるのが非常に難しいという事です、たまにオークションやメルカリなどで出品されますが、殆ど手に入らないです。

また、外国と日本では電圧やプラグの形が違うので、変圧器やアダプタが必要になります、例えば、アメリカ向けのテレビを日本で使う場合には、日本の方が電圧が低いのでアップトランスと言う変圧器が必要になります、逆の場合はダウントランスを使いますが、海外は大体、日本より電圧が高いので、ダウントランスは日本の家電を海外で使う場合に必要となります。

アナログテレビを使う

地デジ放送に対応していないアナログ放送対応のテレビを使う方法です。

アナログ放送は既に終了しているので、アナログチューナーではテレビは映りませんので、NHKとの契約義務は無いはずです。

アナログテレビは主にブラウン管テレビとアナログ対応の液晶テレビがあります、海外仕様テレビほどではありませんが、アナログテレビも数が少なくなっているので、手に入りにくくなってきています。

また、ブラウン管テレビは大きくて重いため設置場所を選ぶという点もデメリットです。

アナログテレビの場合はHDMI端子が無い場合が殆どなので、Fire TVなどを使う場合に不便です、HDMI変換器もあるので繋げられなくはないですが、画質は落ちてしまいます。

ブラウン管テレビのメリットは応答速度が速い事です、ゲームをやるときに向いています、また、スーパーファミコンなどのレトロゲーム機は赤、白、黄のRCA端子が主流なので、標準で端子を備えているブラウン管テレビは接続が簡単です。

まとめ

最も簡単な方法はB-CASカードを返却することですが、実際に解約できるかはやってみなければ分かりません、他の方法も商品自体が手に入り難かったりして、結構大変です。

NHKを見ずに別の目的でテレビを使う方法が制限されているのは、おかしいように思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。