業務スーパーの激安中国産ウーロン茶を飲んだ感想

スポンサーリンク

業務用スーパーの中国産激安ウーロン茶

今までは伊藤園の54袋入り約330円のウーロン茶のティーバッグを買っていましたが、節約のために業務スーパーのウーロン茶を買ってみました、税抜き148円でした。

伊藤園の方は4.5gが54袋ですが、業務スーパーのウーロン茶は5gが52袋です、業務スーパーの方が少し量が多いのに、値段は半分以下です、安すぎて逆に心配になるレベルなのですが、品質は大丈夫なんでしょうか。

業務スーパーのウーロン茶のティーバッグですが、袋全体が少し茶色っぽくなっていて、一部に黒い斑点が付いています、たぶんウーロン茶の成分なので、大丈夫だと思います。

業務スーパーのウーロン茶の味

実際に沸かして飲んでみました、2Lの水をやかんに入れて、ティーバッグを2つ入れて火にかけました。

出来たウーロン茶を見るとしっかり色も出ていて、普通のウーロン茶のように見えます。

飲んでみると苦みはほどほどで、見た目の色ほど味は濃くありませんでした、サントリーのウーロン茶の方が、もっと味が濃く苦みが強いです。

しっかりウーロン茶の香りがしますが、伊藤園やサントリーのウーロン茶と比べると香りが弱いような気がします。

伊藤園のティーバッグと比べるとやや味や香りは劣りますが、十分、代用できるレベルかと思います。

業務スーパーの中国産ウーロン茶の安全性

業務スーパーのウーロン茶の原産国名を見ると中国となっていますので、心配される方もいるかと思いますが、サントリーや伊藤園も中国産ですので、基本的には伊藤園でも業務スーパーでも同じようなものでは無いかと思います。

輸入者が神戸物産なのですが、神戸物産のサイトに輸入食品の品質についてのページを見つけました、神戸物産 安全安心の取り組み

輸入食品については工場のチェックや品質安全検査を行っていると書いてありますので、安全性については一定のレベルはクリアしているのではないでしょうか。

もちろん日本産の方が安心ではありますが、ある程度は妥協しないと節約はできません。

飲み物代を節約するために麦茶のティーバッグを主に飲むようにしていますが、麦茶だけだと流石に飽きるので、たまにこの業務スーパーのウーロン茶も飲むようにします。

中国産が危険と思う方はウーロン茶ではなく、カナダ産やオーストラリア産の原料を使っている伊藤園の麦茶のティーバッグをお勧めします、種類にもよりますが、基本的にウーロン茶よりも麦茶の方が安いですし、麦茶はカフェインが入っていないので、カフェインが取れない方でも飲めます。

by カエレバ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。