きな粉とプロテイン どっちが得か たんぱく質の量 コスパの比較

筋トレをする人にとって重要なタンパク質ですが、きな粉と普通のプロテインは値段、タンパク質の量などの点で、どちらがお得なのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

きな粉とプロテイン 安いのはどっち?

買うお店や量、種類、タイミングによっても金額が変わってきますが、きな粉の方が安いです。

業務スーパーだときな粉は200gで100円以下で買えます、仮に200gで100円として、1kgで500円とします。

ミルクや水で溶かして飲む普通のホエイプロテイン1kgの場合は、高い物だと3500円ぐらいのものから2000円ぐらいのものがあります、安い方の2000円と比較してもきな粉の方が断然安いです。

きな粉の場合は普通のプロテインの約4分の1の金額で買えます。

きな粉とプロテイン タンパク質が多いのは?

大体2000円前後で買えるアルプロン ホエイプロテイン100 プレーン 1kgの場合だと、商品説明に約80%がタンパク質と書いてあるので、1000g中に含まれるたんぱく質は約800gという事になります。

業務スーパーで購入したカナダ産のきな粉の場合は、100gあたりタンパク質が36.3gとなっています、つまり約36%がタンパク質です、10倍にすると363gがタンパク質です。

値段はきな粉の方が安いですが、タンパク質の割合で言うと、きな粉は普通のプロテインの半分以下しかありません。

これは当然のことで、筋トレ用に作られたプロテインはタンパク質を効果的に摂取するために作られたものですが、きな粉は料理に使うために作られていますので、タンパク質の量も違ってくるのは仕方のない事です。

タンパク質が半分以下でも、金額が4分の1ですから、コスパ的にいうとそんなに悪くない蛋白源ともいえます。

きな粉はプロテインの代わりになるのか

きな粉に含まれるたんぱく質の割合は少ないですが、たくさん飲めば、プロテインの代用として使う事も出来ます。

ですが、注意点もあります、それは脂質が多い事です、アルプロン ホエイプロテイン100 プレーンの場合だと脂質の割合は、20g中に1.3gの脂質ですから、僅かに0.065%しかありません。

それに対して、きな粉の場合は100g中24.5gなので、約24%が脂質です。

体重を増やすためのウェイトゲイナーとして代用する手もありますが、ウェイトゲイナーとして市販されているプロテインでも脂質は1%以下の場合が殆どですので、きな粉で代用すると脂質の取り過ぎになりかねません。

本格的に体づくりをしている人には向いていませんが、まだウェイトトレーニングを始めたばかりで、極端に体重が軽い方などであれば、代用できなくもないかもしれません。

by カエレバ

きな粉とソイプロテインの比較

ソイプロテインとは大豆から抽出されたタンパク質のことです。

ソイプロテインは体質上ホエイプロテインが合わないとか苦手という方に向いています。

きな粉も大豆から作られていますので、基本的には同じようなものです。

種類にもよりますが、ソイプロテインは大体1kgで2000円前後で売られていることが多いので、激安のホエイプロテインと同じぐらいです。

タンパク質の割合ですが、アルプロン 大豆プロテイン100 1kg【約50食】プレーンの場合だとタンパク質含有量が約86%ですので、きな粉より多いのはもちろんですが、ホエイプロテインよりも多くのタンパク質が含まれています。

どうしてもお金を節約したいという場合でない限り、きな粉よりも普通のソイプロテインの方が、効果的にタンパク質を摂取出来ます。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。