メルカリの売上から送料と手数料を差し引く仕訳方法

スポンサーリンク

メルカリの売掛金から先に送料を引く

ツカエル青色申告というソフトでの仕訳方法を説明しますが、他の会計ソフトでも大体同じと思います。

ツカエル青色申告では「かんたん取引帳」から選択肢を選んでいけば、仕訳の事が良く分からなくても出来ますが、売掛金から送料を差し引く方法が用意されていなかったので、方法を紹介します。

メルカリの場合はゆうゆうメルカリ便やらくらくメルカリ便を利用すると、売上金の中から自動的に送料が引かれます。

Amazonマーケットプレイスと違うのは、送料としてその金額が貰えるわけではないという事です、らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便は送料込み(出品者負担)に設定した場合にのみ利用できます。

仮にメルカリの売掛金が10万円あるとします、その場合は先ず、かんたん取引帳から通常通り「商品を掛けで売り上げた」を選び、売掛金10万円とします。

そこから送料が2千円引かれたら、仕訳日記帳から仕訳をします、かんたん取引帳からはできません。

借方を荷造運賃手数料2000円、貸方を売掛金2000円とします。

そうすると売掛金から送料として2000円が引かれて、98000円になります。

実際に売掛金から2000円が引かれているか、試算表の売掛金から確認してみてください。

その後はかんたん取引帳から「売上」→「回収」→「掛代金が代引き手数料・振込手数料などの手数料を差し引かれて普通口座に振り込まれた」を選択します。

売掛金を98000円としてメルカリの手数料は10%ですので、手数料を10000円とします、差し引きが88000円ですので、これで実際に銀行に振り込まれた金額と一致するはずです。

尚、かんたん取引帳の「建て替えたお客様負担の送料が振込手数料を差し引かれて普通口座に振り込まれた」を選択すると送料2000円を購入者から貰った場合の仕訳になるので、計算が合わなくなります。

ツカエル青色申告の場合、売掛金から送料を差し引く仕訳は仕訳日記帳からでないと出来ないようです、また、仕訳日記帳からこの操作を行ってもかんたん取引帳には表示されません、仕訳日記帳から確認が出来ます。
ツカエル青色申告 18|ダウンロード版

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。