シアバター全身保湿クリームの使用感 使った感想

スポンサーリンク

シアバターとは?

シアバターとはシアーバターノキという小高木の実から作られる植物性脂肪のことです。

主にナイジェリア、ガーナなどのアフリカで生産されています。

このシアバターが配合された保湿クリームを使った感想を書きます。

TO-PLANのシアバター

購入したのはTO-PLAN(トプラン)東京企画販売のシアバター全身保湿クリームです。

ニベアと同じかやや安い金額で売られています、170gです。

シアバターの見た目

色は白かごく薄い黄色です。

硬さはニベアよりも柔らかく、とろとろしています。

シアバターの使用感と匂い

実際に使ってみると触った感じはニベアよりも少しオイリーな感じがしますが、肌に塗ると自然に馴染んでいきます。

塗った後は表面がべたついたりせず、しっとりしています。

たくさん塗ると少しテカりますので、顔にたくさん塗らない方が良いかもしれません。

オイリーなクリームなので、保湿の効果はニベアより高いような気がします。

ただ、このシアバタークリームは独特な甘い匂いがしますので、気になる人は気になるのではないでしょうか。

成分表を見ると香料の表記があります、シアバターそのものの匂いなのか、香料の影響なのかは、他のシアバターを使ったことが無いのでよくわかりません。

全身に使えると書いてありますが、これを顔に塗ると匂いがとても気になります。

手や足ならそれほど気にならないので、感想する冬場に手足に塗るようにしています。

シアバターの成分表

パッケージに記載の成分は以下の通りです。

水、ミネラルオイル、BG、セタノール、ステアリルアルコール、パルミチン酸イソプロピル、ワセリン、セテス-20、グリセリン、シア脂、オリーブ油、ステアリン酸グリセル、ジメチコン、尿素、スクワラン、アラントイン、水溶性コラーゲン、トレハロース、カミツレエキス、トコフェロール、ヒアルロン酸Na、水酸化Na、BHT、EDTA-2Na、黄4、プロピルパラベン、メチルパラベン、香料

ワセリン、オリーブ脂などシアバター以外にも保湿成分が含まれています。

成分表の中に黄4の表記があります、クリームの色がほんのり黄色になっているのは、この着色料のためだと思われます。

この着色料は食品添加物にも使われているので、肌に塗ったぐらいでは、大きな弊害は無いかもしれませんが、一部では健康に悪影響があるのでは?とも言われているので気になる人もいるかもしれません。

出来れば香料と着色料無しの方が良かったです。

by カエレバ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。