コロナどこでもクーラーの冷房能力 冷える? 冷えない? 使った感想

コロナどこでもクーラーCDM-1017を購入したので、実際に使った感想、レビューを書きます、使用環境は鉄筋コンクリートの6畳の部屋です。

扇風機との比較

扇風機と比較するとコロナどこでもクーラーの方が冷たい風が出てきます。

大体、感覚的には壁掛けエアコンの温度設定を28℃ぐらいに設定したときのような控えめな冷風が出ます。

パワフルにしても扇風機ほどのパワーがありませんし、スイング機能を使っても約80度の範囲でしか風を送れません。

冷風以外に送風機能もありますが、扇風機ほどのパワーが無く、冷たい風は出ません。

風を送るという機能だけでいえば大きな扇風機の方が上回っています。

涼しさを感じられるのは約1mまで

冷風機能には弱・標準・パワフルの設定があって、パワフルにすると本体から約2m離れた場所にも風が来ますが、しっかりと冷たさを感じられるのは約1m以内です、気温にもよりますが、それ以上離れると普通の扇風機の風と同じように感じられますので、自分がどこでもクーラーのすぐ近くにいる状態で、尚且つ廃熱ダクトの先が窓や排気口、別の部屋や廊下に直結する場所での使用でなければ涼しさを感じられないです。

クーラーの目の前でなければ涼しく感じないので、2人以上同時に冷やすのは難しく、一人用と考えた方がよいです、クーラーの横にいると本体自体の発熱で逆に暑く感じます。

どこでもクーラーで約2℃涼しくなる

冷風の吹き出し口から50cmの位置に温度計を置いてどれくらい温度が下がるかを検証してみました。

部屋の温度は29℃です。

冷風のパワフル設定にしてあります。

アナログ表示なのでかりにくいですが、30分後には1.5℃~2℃下がりました、それ以降も続けましたが、温度は変わらず、およそ2℃温度を下げるのが限界のようです。

これはあくまでも冷風を温度計に直接浴びせた場合の結果ですので、部屋全体の温度が下がるわけではありませんが、クーラーの至近距離であれば、ある程度は体温を下げる事が出来ます。

廃熱がすごい

冷風機能を使っている間、本体の後ろ側から廃熱されるのですが、かなりの熱風です、ファンヒーターのように部屋全体が暑くなってしまいますので、冷風機能を使う場合は廃熱ダクトの使用は必須です。

廃熱ダクトの近くに温度計を設置して検証した結果、温度が約40℃まで上がりました。

本体自体が熱くなる?

コロナどこでもクーラーのレビューには本体そのものが発熱するので却って暑くなるという意見がありますが、冷風を使っているときに熱くなるのは背面と上部の衣類乾燥に使われるランドリールーバーです、前面や側面はそれほど熱くなりませんが、ダクトアダプターとランドリールーバーに隙間が出来やすく、しっかり排熱しているつもりでもそこから熱風が漏れてきている事があります。

隙間をエアコン用のパテで塞ぎました、使用中は上部が30℃以上の温度になります。

クーラーの横にいると熱く感じますが、前面で冷風を浴びているときは気になりません。

廃熱ダクトの自作・互換品

付属の廃熱ダクトは布製なので取り回しがしにくく、これを取り付けるためのダクトアダプターの外径が105mmと中途半端なためホームセンターなどで売っている廃熱ダクトがしっかり取り付けできません。

仕方がないのでサイズが一番近い直径100mmの廃熱ダクトをAmazonで買いました。

素材がプラスチックなので広げて接続できるのではと期待してましたが、やはり無理でしたので、ガムテープでダクトアダプターに接着しました。

この廃熱ダクトは伸縮が出来て色んな角度に調整できるので廃熱がしやすいです、自分の場合は窓の外に排熱するようにしています。

使用中はダクトがかなり熱くなります。

説明書にダクトの延長はしないで下さいと書いてあるので自己責任でお願いします。

騒音・振動

普通の扇風機と比べると音も振動も大きいです、特にパワフルに設定すると音が大きくなるので夜間は少し気になります、本体の振動と空気を送り出すときにヴォーという音がします。

除湿を使っているときにも水がタンクに垂れる音がします。

冷風と除湿は同時にできない

どこでもクーラーには除湿機能がありますが、普通の壁掛けエアコンのように冷風を出しながら除湿することはできません、除湿のみか冷風のみです。

除湿の機能はかなり高いと思いますので、除湿と冷風、交互に使えば湿度を下げて体感温度を下げる事もできます。

ダクトパネルの必要性

別売りで窓に排気口を作って廃熱できるダクトパネルが販売されていますが、そもそも部屋全体を冷やせないので、外気を遮断する意味が殆ど無いように思います。

外に排熱したいなら普通に廃熱ダクトを窓に向けて排熱すれば良いと思います。

どこでもクーラーのメリット

  • 電気代が安い
  • 控えめな冷風なのでクーラーが苦手な人に向いている
  • 工事不要
  • 他のスポットエアコンより安い
  • 除湿能力が高い
  • 移動できる

壁掛けエアコンの消費電力が約600Wなのに対して、どこでもクーラーCDN-1017は約200Wなのでおよそ3分の1です。

また、控えめな冷風なのでお年寄りなどクーラーが苦手な方にもおすすめです。

基本的には壁掛けクーラーの方が部屋全体を冷やせるので性能が高いですが、どうしても工事ができない場合はどこでもクーラーも選択肢に入ると思います。

どこでもクーラーの他に比較した商品

  • ウインドエアコン
  • トヨトミ スポットエアコン

どこでもクーラーの他にウインドエアコン(窓用エアコン)も比較しましたが、日光を遮ったり、防犯上のデメリットがあるのでやめました、ウインドエアコンは昔使っていたことがありますが、普通のエアコン同様に部屋全体を冷やせます。

もう一つ比較したのがトヨトミのスポットエアコンです、こちらもどこでもクーラー同様に工事不要のクーラーで、消費電力が約600Wと普通のエアコンとあまり変わらないので冷房能力はもっと高いようですが、新品で値段が約5万円、中古でも高いので諦めました。

自分が購入したどこでもクーラーCDM-1017は中古で8000円なので安かったです、8000円分の効果はあると思います、フリマやブックオフ、ハードオフなどのリサイクルショップなどで安く売られている事があるので、状態の良い中古を購入することをお勧めします。

買い物
スポンサーリンク
かんたん節約術